避妊・去勢 手術の必要性
猫は繁殖力の強い動物です。
不妊手術は病気の予防、問題行動の解消に繋がります。
望まない命を生ませる無責任な飼い主が殺処分の数を増やしているのです。

生後5〜6ヶ月以降に手術を受けられます。
性に関わる病気、ケンカ等のトラブルを防ぎ、精神的に安定した家族として過ごすことが出来ます。

子犬・子猫が生まれた場合、生まれてきた命を飼いきれず、無責任な飼い主の手に渡し、譲り受けた人も、
途中で放棄したり
、殺処分を依頼に保健所に持ち込んだり、最後まで飼えない人が多いのです。
引き取ってくれる人が、皆責任ある人とは限りません。

飼うことが出来ないなら生ませないようにするのが本当の飼い主です。
その子すべてに責任ある新しい飼い主を見つけるのは容易なことではありません。

不妊手術は望まない出産と病気(癌がん)を防ぐことが出来ます。

不妊手術をせずに発情の度にオス・メス関わらず、多大なストレスをかけ、手術をさせないで癌になって苦しめることが逆に不幸にさせる結果になります。

望まない出産、病気の予防、トラブル防止のために避妊・去勢手術を行いましょう。