春は「鳴き声によるトラブル」 「発情が始まり」 「繁殖」 「出産」
「猫同士のケンカ」 「家出猫」 「迷子猫」 「捨て猫」が増える季節です。

毎年2月に発情が始まり、12月まで子猫が生まれ毎年4月頃から、保健所、動物愛護センター、管理センターには子猫が数多く集まります。
猫の繁殖を抑えるためには早目に不妊手術をして、望まれない子猫が生まれないようにすることが重要です

保健所に持込まれる猫の数は保健所に引き取られる犬の約10倍
駆除のために捕獲された猫が多く、殺処分されるほとんどが生まれて間もない子猫です。
飼い主不明の成猫も多く、その中には人に良く馴れた猫も多く収容所されています。

動物愛護センター、管理センターは動物を救ってくれるところではありません。

野良猫に不妊手術をしたいけど捕まらないという方に 当会では捕獲機の貸し出しを行っています。

猫の殺処分が減らない原因
猫を捨てる飼い主がいること
飼い猫に避妊をしないこと(望まない命を生ませる)
飼い猫の放し飼い
行方不明になっても捜さない
迷子が原因で野良猫が増えること
野良猫への無計画なエサやり(不妊手術をしない) 
モラルの無い人間がいることが大きな原因です

飼い猫を外に出さないで!
室内飼育をしていても、不妊手術をしていないと、発情時期に落ち着きがなくなり、ストレスから攻撃的になり、問題行動が多くなり、外に出たがるようになります。

外は危険がいっぱいです。 完全室内飼育の必要性について
病気や怪我、駆除、捕獲、殺傷するわな、連れ去り、毒殺 ・農薬による死亡
・交通事故死 ・虐待、悪質なイタズラ目的から大切な猫を守り危険な目に合わせないために猫は室内で飼うようにしましょう。

その他、妊娠 ・猫同士のケンカ(縄張り争い、メスをめぐる争い)・迷子 ・病気の伝染病の感染・ノミ、ダニの寄生虫などに感染

『家庭動物等の飼養及び保管に関する基準「第5 猫の飼養及び保管に関する基準」』に猫の室内飼育に努めることが明記されています。
外を自由に放し飼いをしている猫は、飼い主が気づいていないところで近隣に迷惑をかけている場合があります。
「ゴミや花壇、畑を荒らす」「車に傷を付ける」「発情期の鳴き声」「フン・尿の排泄物」により、様々なトラブルとなり、

飼い主やその猫が近所から嫌われる恐れがあります。
外に出たがっても出さないようにしましょう。
猫の総合内容を更新しましたので、こちらからもご覧ください。