保健所、センターに収容されている子たちの家族になって頂けませんか
 宮城県動物愛護センター
 保健所 保護情報 こちら  譲渡情報 こちら
  仙台市動物管理センター(アニパル仙台)
  
犬の譲渡は
こちら  ねこの譲渡は こちら
(愛護センターと保健所は、飼い主に持ち込まれた子に関しての写真掲載はありません。)

  全国(宮城県)の迷子犬・迷子猫掲示板
 動物関連情報
 救援隊 外交官 ももこひめ 被災地動物情報  動物との共存を目指して  動物たちにぬくもりを!
アニマルライツセンターサイト

アニマルピースから猫を家族に迎えたら

アニマルピースの今後の活動について




 
 
家族募集会に参加する子のほとんどは、運良くセンター(犬ねこ収容施設)を出られたこたちです。
そして、助かっているのはごく一部の子だけです。


里親希望者さんが犬や猫を「家族の一員」として健康管理を含め、大切に、終生世話してくれることが絶対条件としています。

里親希望者様が確かな「意志」を持っておられるか?
これからの飼育状況など質問用紙に正確に記入していただきます。

希望者様になんらかの不安要素が認められた場合や私共の希望対象にならない場合は、申し訳ありません
がお断りさせていただきます。

一時的な感情や安易な選択は犬猫の犠牲を増やす結果になるためとご理解願います。
お渡し先は、私共の希望 該当者の方を優先に決めさせて頂いています。
募集会場(仙台市泉区)から(宮城県内外の遠方)よりお越し頂いても譲渡出来ない場合がございますので、
ご了承願います。
家族募集中  子猫 成猫  成犬
※猫の体調等により急遽不参加になる場合がございます。 ご理解ご協力をお願い致します。

家族募集会に参加しているのは、保護中の一部です。
家族募集サイトより、お見合いの希望がありましたら、募集会場に連れて行きますので 事前にvv7japan@yahoo.co.jp 又は、070-5476-5282【菅原】へ電話連絡の場合は、必ずメッセージを入れてください、折り返しこちらから連絡致します。
トライアル対象となる子猫、成猫、成犬は、移住先で迷子にされる心配があるため、1ヵ月間のトライアル期間ケージ、トイレケース、キャリーケースを無料にて貸出しを行っています。
迷子にさせないで
猫は引き戸なら少し重い戸や網戸でも開ける子がいます
移住先で事故や迷子にならないように、新しいお家に慣れるまで、逃げ出さないように扉の開閉や
一部屋を猫部屋にするなどをして、特別な注意をお願いします。

(戸の開け閉めの多い夏季は脱走に注意をお願いします。)
首輪は迷子になったときに必要ですが危険がいっぱいです。
高齢の方の成猫の貸与飼育 希望者募集
猫の性別、毛柄、年齢などご希望に合った子を貸与致します。
ご支援のお願い 会場にて、寄付と物資を募集しています。
キャットフード、 犬猫の缶詰、 高齢犬猫のパウチ 猫トイレ砂、 BOXティッシュ、ハイター
開封済みのフード、毛布 ・ タオル ・ 犬用の衣類、は集めていませんのでご了承願います

会場のスペース上と、参加する猫さんたちへの考慮、犬同士の喧嘩を引き起こす原因になりますので、誠に申し訳ないのですが、(当会より譲渡した犬さん、猫さんを除き)
犬さん、猫さん連れてのご来場はご遠慮頂きますようお願い致します。


毎年2月に発情が始まり、12月まで子猫が生まれ毎年4月頃から、保健所には子猫が数多く集まります。
猫の繁殖を抑えるためには早目に不妊手術をして、望まれない子猫が生まれないようにすることが重要です
平成30年度6月1日~ 飼い主のいない猫の不妊手術の助成制度を実施
~不妊手術に対する助成制度について~
公益社団法人 宮城県獣医師会では、 獣医師会会員 動物病院 (一部.不可有) にて、宮城県内 (仙台市を除く) に生息する飼い主の いない猫の不妊手術をする場合に、手術費用の一部を助成する制度を設けております。
猫の収容、殺処分数を減らすには、外に住む猫達の繁殖を抑える事が重要です。
保健所に収容される猫のほとんどが子猫であり、飼い猫以外の外で暮らす猫が産んだと思われる子猫がたくさんいます。
宮城県内では、宮城県獣医師会仙台市獣医師会が飼い主のいない猫の不妊手術に対し助成を行っています。
餌を与えている野良猫、地域猫には積極的に手術を施し、不幸な猫たちを減らし、新たに生まれてくる命を無駄に殺さないために不妊手術が欠かせません。

妊娠中の中絶手術について  中絶(妊娠中の不妊手術

野良猫(飼い主不明の猫)は 無責任な飼い方から生まれたものです。

「餌をやらない」「捕獲して処分する」という方法は、動物愛護の精神にも反し、根本的な対策にはなりません。
処分や駆除のために猫を捕獲することは法律で禁止されています。


  【新聞記事の訂正】


春は「鳴き声によるトラブル」 「発情が始まり」 「繁殖」 「出産」
「猫同士のケンカ」 「家出猫」 「迷子猫」 「捨て猫」が増える季節です。
毎年2月に発情が始まり、12月まで子猫が生まれ毎年4月頃から、保健所には子猫が数多く集まります。

保健所に持込まれる猫の数は保健所に引き取られる犬の約10倍
駆除のために捕獲された猫が多く、殺処分されるほとんどが生まれて間もない子猫です。
飼い主不明の成猫も多く、その中には人に良く馴れた猫も多く収容所されています。

動物愛護センター、管理センターは動物を救ってくれるところではありません
猫の繁殖を抑えるためには早目に不妊手術をして、望まれない子猫が次々生まれないようにすることが重要です。

モラルの無い人間がいることが猫の殺処分が減らない大きな原因です。
猫を捨てる飼い主がいること
飼い猫に不妊手術をしないこと(望まない命を生ませる)
飼い猫の放し飼い
行方不明になっても捜さない (迷子が原因で野良猫が増える)
野良猫への無計画なエサやり(不妊手術をしない) 

飼い猫を外に出さないで!
室内飼育をしていても、不妊手術をしていないと、発情時期に落ち着きがなくなり、ストレスから攻撃的になり、問題行動が多くなり、外に出たがるようになります。

完全室内飼育の必要性について 
外は危険がいっぱいです。

・駆除 ・捕獲 ・殺傷するわな ・連れ去り ・毒殺
・農薬による死亡 ・交通事故死 ・虐待 ・悪質なイタズラ
・妊娠 ・迷子 ・病気や怪我 ・伝染病の感染・ノミ、ダニの寄生虫
・猫同士のケンカ(縄張り争い、メスをめぐる争い)
・イタチなど野生動物とのケンカ(襲われて死亡するケースがあります)
大切な猫を危険な目に合わせないために猫は室内で飼うようにしましょう。

『家庭動物等の飼養及び保管に関する基準「第5 猫の飼養及び保管に関する基準」』に猫の室内飼育に努めることが明記されています。


飼い主やその猫が近所から嫌われる恐れがあります。
外に出たがっても出さないようにしましょう。

外を自由に放し飼いをしている猫は、飼い主が気づいていないところで近隣に迷惑をかけている場合があります。
「ゴミや花壇、畑を荒らす」「車に傷を付ける」「発情期の鳴き声」「糞・尿の排泄物」により、様々なトラブルになります。



捜索の協力をお願いします 24/8/30 →26/5/16更新
平成24年8月12日に里親様へ仮譲渡した翌日13日の夜より、
仙台市宮城野区鶴ヶ谷東3から行方不明になりました。
■オス (去勢手術済み)人馴れした優しい子です。
■青色の首輪と迷子札を装着 (外れている可能性があります。)

  電話 070-5476-5282 【菅原】



愛犬の健康 食事 病気 しつけ 老犬との暮らしまで何でも揃ってるポータルサイト
飼い主様に正しい知識をご提供すると共に、ペット業界の問題点を知って頂き、
少しでも不幸なワンちゃんを減らす事を主な目的としております。


H30 の掲載内容 1月 2月 3月 4月                
H29 の掲載内容 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
H28 の掲載内容 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
12月
H27 の掲載内容 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
H26 の掲載内容 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
H25 の掲載内容 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
H24 の掲載内容 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
H23 の掲載内容 1月 2月 3月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
H22 の掲載内容 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
H21 の掲載内容 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
H20 の掲載内容 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月